事業案内business

1.法面工事

道路開発や治山工事などが行われる場合、必ず法面が発生します。
工事で土を切り崩したり盛ったりすることによって人工的に生じた法面の崩落などを防いで安定させるために、法枠の設置、コンクリートの吹付などを行って斜面を安定させる必要があります。
また、地球環境を守り続けるための今日の土木業界の取り組みであるConstruction(建築)からContribute(貢献)へのシフトに準じる場合、斜面への種子や客土吹付け、または苗の基盤植え付けなどを施して緑化する工事も選択肢に含まれます。

斜面の安定化に関する数多くの施工経験と高い技術力を持つ扶桑興業のスペシャリストチームは、重機を入れることができないような危険な現場であっても安全性と景観性のバランスを取り、確実な仕上がりを保証します。


2.防災工事設計施工

人が簡単には入れないような険しい山奥、治山工事中の高い斜面、海岸沿いの断崖など、まだ仮設道路しかない厳しい環境の急勾配の斜面で、ロープで体を支えながら、ときには庇(ひさし)のようなオーバーハング地形の足がつかない場所に宙づりのまま、コンクリート吹付などの防災工事作業をしていくのが私たちの仕事です。

依頼主様の設計仕様に準じて作業を行いますが、現場は生物です。必ずしも設計通りの施工ができるわけではありません。現場の状態に応じて、強度やコストの面でより適切と思われる工法を提案させていただくこともあります。
適切な工法の選択は崩落や落石などによる大きな事故を未然に防ぐための大切な工程であり、熟練の技術者による慎重で丁寧な作業も必要です。

信頼できる斜面のスペシャリスト、扶桑興業にご用命ください。


2022年12月 モルダム工法

3.公共・民間工事

公共工事に加えて、扶桑興業では民間工事も承っています。
主に道路造成・公園緑化などの公共事業に多く携わっていますが、一般の企業様や個人のお客様からのご依頼・ご相談も承ります。
会社敷地やゴルフ場などの緑化工、家屋周りの古くなった空石積などの石積み補強工事(石積接着補強(モルダム工法))、斜面老朽モルタルの補修(補強・補修・再生工法)、防災対策工事(ジオアンカー補強土工法)など、屋外土木工事のことであれば何でもお気軽にお問合せください。
長年にわたる多数の施工実績を持つ扶桑興業のスタッフが親身にご相談を承ります。

加入協会

特定非営利活動法人 日本環境土木工業会
(一社)兵庫県建設業協会
簡易吹付法枠協会

補強土植生のり枠工協会
ジオファイバー協会
フレックスポーラスコンクリート協会

セーフティークライマー協会
RRM研究会
石積み災害防止工法研究会 他